前へ
次へ

医療における薬剤師の役割は大切

医療は医師を中心に回っていると思われがちです。
しかしその周囲には看護師をはじめとして、臨床検査技師や診療放射線技師などの多くの医療従事者が一緒になって治療を支えています。
薬剤師もそのひとりで、医師が発行した処方箋に従って薬を出したり、服用時の注意を患者に指導したりします。
薬剤の専門家のため、薬剤全般に関する知識で医師をサポートする役割を担っており、また大衆薬を求める客に適切な製品を提供することが可能です。
近年その役割で特に期待されていることは、薬の飲み合わせのチェックです。
例えば複数の医療機関に通っている患者は、それぞれで処方箋が発行されます。
もし飲み合わせによって副作用が出る薬があったら、患者はどうなってしまうでしょうか。
それを防止するため、薬剤師はお薬手帳や口頭で確認することで事前にチェックし、場合によっては医師に連絡して別の薬を処方してもらいます。
また同じ種類の薬がダブった場合も、その服用量の多さで副作用が出るリスクがあるため、同様の対応を行う場合もあります。
このように薬剤師は、患者の安全を守る期待はとても大きいのです。

Page Top